FC2ブログ
2018・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/07/11 (Mon) 大人の恋情子供の恋情20

         大人の恋情子供の恋情20















亮はあたしが物心ついた頃にはずっと隣にいた。

最初は本当の女の子のように見た目は可愛くて

あたしの方が元気で男まさりだったからよく逆に間違われていた。

それほど可愛らしい外見をしていたけど

意外におませで喧嘩っ早い性格だった亮。

よく近所の男の子達にからかわれて

最初はあたしの後ろについて回っていたのに

幼稚園に入った頃からはからかわれたらすぐに突っ掛かっていたっけ。

外見とはうらはらで喧嘩ばかりしていた亮。

でも体は小さくて見た目も女の子でしょう、だから喧嘩は負けてばかり

そんなシーンを見かけてはあたしは仲裁に入って

カッとなって最終的には亮に止められるまで大暴ればかりしていた。

あたしよりも二歳年下で見た目も可愛いい亮をあたしが守ってあげなくちゃ。

そう思っていたの。

子供の頃、こんなに可愛いい亮と一緒にいられるだけで幸せだった。





大好きだった。






二人でよく遊んでいたけど凄く楽しくて小さい頃の思い出はとても大切だった。

そう、あの頃までは。。。







亮とは幼稚園から離れていてあたしはいつも傍にいられないことに不満だった。

そんなある日、あたしは亮と一緒にDVDを見ていた。

その時お姫様と王子様が愛を誓いあい将来一緒になるシーンを見たの。



あたしはそのシーンをみたとき

「亮君、将来一緒になってくれる?あたしを亮君のお嫁さんにしてほしいな。」

その台詞に亮はすぐに嫌だと言ったの。

あたしは子供ながらにショックだった。

いつも一緒に遊びずっと隣にいたのに

あたしをお嫁さんにしてくれないだなんて。





幼い頃のたわいもない口約束。

私も亮もお互い幼いことは分っていたけれど

それでも凄く傷ついてしまった。



それを断られただけじゃなくあたしは亮とご両親が話しているところを

偶然聞いてしまったの。

「亮!お前は美愛ちゃんに何かしたのか?

昨日お前が帰った後夕食も食べずにふさぎこんだみたいで

美愛ちゃんのママが心配されていたぞ!」

「・・・」

「亮!」

「だって美愛ちゃんが僕のお嫁さんになりたいって言ったんだ!」

「いいじゃないか、お前も美愛ちゃんが好きだろう!」

「大嫌いだよ!

美愛ちゃんなんて本当のお姉さんじゃないのにお姉さんずらしてさ!

二歳しか違わないのに威張ってばかり!

だから美愛ちゃんなんてお嫁さんにしないよ!」




あたしはその言葉を聞いてショックだった。

お嫁さんにしてくれないと言われたのも悲しかったけど

これほど嫌われていたなんて信じられなかった。




あたしは、ばれないようにそーっとその場を離れた。

家に帰って泣いて泣いて涙が枯れるまで泣いた。

そのことがあってか、あたしはどうしても嫌われたことがショックで

亮とはしばらく会えなかった。



でも、ある日亮が小学高学年の子と喧嘩をしていた時に仲裁に入ってから

亮とは変わらず仲良くすることが出来たのよ。

あたしは、あのことがあってから亮への想いを封印した。



大好きだった人に嫌われていても

だからってあたしも亮を嫌いになることなんてできない。

亮はご両親と話しているところをあたしが聞いていたことに気がついていない。

あたしもなかったふりをしていた。

そうして相変わらずあたしは亮の近くにいて

そのうち本当の弟のような家族愛へと変わっていった。




なのに亮はあたしを傷つけたことを忘れてあたしを好きだといいだした。

初めて言われた時は信じられなかった。

一体どういうつもりなのかと怒りを感じたこともあった。

けれど亮の目を見ても嘘を言ってないと思った。

亮はあたしのことが好きなんだと認められるようにまでなった。

けれど、それはあたしのことを姉としとの家族愛なのだと思っていた。

いいえ思いこもうとしていたの。



あたしはあの幼い頃の想いを忘れていたはずなのに

その想いだけは許せなかった。

だからどれだけ言われてもなかったことにできたの。

でもこの関係が崩れてしまったのよ。






にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

大人の恋情子供の恋情 | trackback(0) | comment(2) |


<<大人の恋情子供の恋情19 | TOP | 大人の恋情子供の恋情21>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

レイラ姫さん、こんにちはです。
そんな過去があったのですね。
それだとちょっとしたトラウマというか、
なりますよね。
美愛の気持ちがわからなくもないです。
亮君もだんだんと気持ちが変わってきたのでしょうけれど、
その小さな時のことを覚えているのかな?
と思いつつ・・・
続きを楽しみにしています!

2011/07/12 15:02 | バニラ [ 編集 ]


 

バニラさん、こんばんわ!
幼いころのトラウマって結構根強くないですか?
幼稚園や小学生の頃の恋なんて本気度は小さいように見えて幼馴染だからこそ余計に深く傷ついてしまう。ずっと一緒に居た大好きな男の子に嫌われたら諦めるしかできませんもの。幼いときの恋だと思って忘れることにしたのにそれと同時に急に亮に好きだといわれれば信じられるわけもありません。
でも忘れようと思った記憶は心の奥底に根強く生きていました。さて二人の恋は?どう変化するのでしょうか^^

2011/07/14 21:15 | レイラ姫 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://fjbc.blog134.fc2.com/tb.php/94-22ac7745

| TOP |

プロフィール

レイラ姫

Author:レイラ姫
初めまして!レイラ姫です☆
職業=腐女子
年齢不詳
涙腺が弱く感動しては泣いてます^^;
スリーサイズはボン、キュッ、ボンが理想だけど実際は><
趣味=自分磨き
更新は毎日を目指すけど自分のペースで!

FC2プロフ

カテゴリ

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。