FC2ブログ
2018・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/08/04 (Wed) 秘恋8

              秘恋8














両親が病院にやってきて私達は、今の信也の


病状を教えてもらった。


意識が戻ったことで少しずつ回復に戻るだろうということだった。


今すぐには人工呼吸器は取れないけど信也の状態を見ながら


機械を取り外していく方向だと教えてもらった。








これで信也も私達と話すことも可能になる。


やっと私達は本物の信也に出会えるわ。









それから丁度私が一人でいたときナースに呼び出された。


なんとあの飛行機事故の時に信也がずっとずっと手に握り締めていたもの。


それはエンゲージリングだった。





あんな重症になっていた信也だったけど、これだけは


けして離そうとはせずずっと握り締めていたらしい。









事故当初は信也も私達家族もパニック状態で渡せる状況じゃなかったから


ある程度落ち着くまで渡すのを留めていたと話してくれた。







家族の方から指輪を本人に渡すように言われたんだけど


私から指輪を渡せるわけがなかった。







かといって事情を知らない両親が渡すのも凄く嫌だった。








信也が直接私に嵌めたいといっていたからナースの方から信也に


渡してもらうように話した。



人工呼吸器が取れた日にナースは渡してくれると約束してくれたの。




















信也が意識を取りもどして1週間が経った。



状態も少しずつよくなってきたため



今日機械をはずすといわれ部屋から出て廊下で待っていた。








医師に呼ばれて私達はやっと機械が着いてない


酸素だけつけた信也に出会うことになった。








思ったよりも元気そうな信也にやっと私達は安心することが出来たの。







「信也・・・・・・私達のこと分かる?」







私達家族の姿を見た信也は凄く嬉しそうな表情をした。







「うん、分かるよ。父さんと母さんと姉さんだ!」






私達家族は凄くホッとして家族4人で抱き合って喜んだ。







ところがこの時異変が起きた。






「ずっと不思議だったんだけどどうして俺はこの病院にいるんだ?」





「なっ!」





この場にいた全員が凍りついたかのように信也を見つめる。


慌てた医師が信也の状態をすぐに調べてくれた。


それから頭のCTやMRIなどいろいろと調べてくれたけど


特に異常は見られなかった。








ただし、少しここ最近のことが分からないようで


脳がパニックになっているみたい。






でも、日常的動作や昔のことなど殆ど覚えているから


今だけの記憶障害だろうという話だった。






記憶障害・・・・・・






身近では起きたことがないもの。





どんなものなのかよく分からない。





でも、まさか信也がそんなことになるだなんて思いもよらなかった。




でも問題はないと私はこの時そう思っていた。








信也が落ち着きを払って両親が先に帰った。






最近信也のことで心労がかさみ、母親の状態はよくなかった。


なので私が信也の付き添いをかってでていた。


もちろん母親が心労で倒れていなくてもずっと私が付き添うつもりだったけどね。








そうして両親達が家へと帰り、私達はやっと二人きりになることが出来たの。









でも、信也と少し話したとき違和感が起こった。








通常信也は私のことをいつも姉さんと呼んでくれていた。









それは私達が付き合っていることをずっとまわりに内緒にしていたから。


でも二人きりの時は私のことを有理と呼んでくれていたのに信也は


いつまで経っても私を名前で呼んではくれなかった。









でもこの時は私はただ信也があえて言わないだけだと思っていたの。


記憶障害で少し信也の頭に異常があるだけだと軽く思っていたの。











まさかこの後こんなことが起こるだなんて思いもよらなかった。














にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

秘恋~ひれん~ | trackback(0) | comment(2) |


<<秘恋7 | TOP | 秘恋9>>

comment











管理人のみ閲覧OK


まさか・・・ 

レイラ姫さん、こんにちはです。
忙しくてこれなくてすみません。
なるほど、こういう展開になりましたか!
記憶障害で、お姉さんのことを恋愛対象と
みていたところがそうじゃなくなった、
って感じでしょうか?
でもまだどうかわからないので、
明日の展開とっても楽しみにしています!
レイラ姫さんのお話、
一転、二転といろいろ楽しめる感じになっているので
読んでいてドキドキします。

2010/08/22 17:35 | バニラ [ 編集 ]


 

バニラさん中々お返事が出来なくてごめんなさい
><。定番なお話しなんですがいろいろな展開を盛り込んで書いていくつもりなので楽しんでくださいね^^

2010/09/05 14:58 | レイラ姫 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://fjbc.blog134.fc2.com/tb.php/13-0c504aa4

| TOP |

プロフィール

レイラ姫

Author:レイラ姫
初めまして!レイラ姫です☆
職業=腐女子
年齢不詳
涙腺が弱く感動しては泣いてます^^;
スリーサイズはボン、キュッ、ボンが理想だけど実際は><
趣味=自分磨き
更新は毎日を目指すけど自分のペースで!

FC2プロフ

カテゴリ

最新記事

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。